陸上自衛隊HP:装備品等写真について. 陸上自衛隊の装備品等各種写真は、本サイト以外の複数ソーシャルメディア上でもご覧になれます。 Flickr(装備品写真・細部仕様を掲載) Google フォト(装備品等の他、各種活動写真を掲載) 陸上自衛隊が保有している又は保有していた装備品、観測ヘリコプター・連絡偵察機・多用途ヘリコプター・輸送ヘリコプター・対戦車ヘリコプター・戦闘ヘリコプターなどのヘリコプター・航空機の写真・画像一覧です。 23年度3次補正予算で原子力災害に対応した改良型が調達されている。, 島津製作所の米国子会社のシマヅプレシジョンインスツルメンツとの契約[88][83][86], 2トン半トラック用シェルタ2台(送信機・受信機)と被牽引型電源車により構成される。退役済。, 管制装置と移動用NDBによって構成され、2トン半トラック用シェルタに収容される。退役済。, 正式な書類上は退役しているものの、使い勝手の良さから保有していた部隊では現在も使用。, 冬季積雪時用の白色のカバー(天幕覆い)の他、白色の外幕と黒色の内幕の二重構造の「寒冷地用天幕」もある。それまで使用されていた各種天幕に代わり1987年より調達開始。(寒冷地用は現在は新規調達されていない), 1-4番の切り替えがあり、それぞれの番号でライト機器類の点灯が変化する。エンジンを止める場合は「off」にしなければバッテリー上がりの原因に繋がる。1は前照灯無灯状態(ブレーキ等は点灯)、2は前照灯点灯、3は灯火制限時における後方の管制灯のみ点灯(前面は無灯で後部のブレーキ管制灯のみ点灯)、4は前部の管制灯含む全ての管制灯が使用可能で夜間走行時に使用する, 当時のアメリカ軍では11.4mm拳銃弾(.45口径弾)を使用しており、9mm、.32ACP共に軍用制式とはなっておらず、それらを使用する制式銃器もない, G36の型式番号から(G型, V)=突撃銃モデル、(G型, KV)=カービンモデル、(G型, CV)=コンパクトモデルと推察される。, 1961年に500挺を検査した結果、実用に耐えずと判断され、すべての九九式に射撃禁止措置が執られる。, 実包の使用が禁止された後に教練用として使用が継続されたものは約半数、32,500丁ほど, なお、新ゴボウ剣の通称は九九式を使用していた世代に限られ、現在はほとんど知られていない。, なお、1970年代末期に開発された82式指揮通信車の車内にはM20を分割して収納するラックがあるなど、1線装備としての使用は1990年代においても一部では継続されていた。, M16自走高射機関砲は168両が供与されたが、退役後に何基のM45銃架がM55として再利用されたかは不明である。, 補給統制本部公示第9号 平成26年度装備品等(火器車両関連)に係る各種契約希望募集要項, 2001年に米国での演習に参加するための輸送中、貨物船の沈没事故で2両を喪失している。, M24軽戦車からの改造によって製作された試作車は1両のみであるが、変速機などの異なる1次試作と2次試作のバリエーションがある。, 全般支援大隊として自走ロケット支援大隊から自走榴弾砲大隊を用いた全般支援大隊への改編, 航空自衛隊及び海上自衛隊では救難消防車MB-5型の名称で同車種を採用していた。後継の救難消防車IB型の配備に伴い、数年以内に全車用途廃止予定。, 航空自衛隊では破壊機救難消防車A-MB-2の名称で、海上自衛隊では化学消防車MB-1改2型の名称で同車種を採用している。, クラスター弾の軍事的有用性と問題点―兵器の性能、過去の使用例、自衛隊による運用シナリオ― 国立国会図書館レファレンス2007-09 福田毅, https://www.mod.go.jp/j/yosan/yosan_gaiyo/2020/gaisan.pdf, https://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/12/06b.html, http://www.mod.go.jp/j/yosan/2002/sankou.pdf, https://this.kiji.is/375560802403124321?c=39546741839462401, 公告第航部-130号 調達要求番号1-01-1328-013F-HS-7020 令和2年1月31日, 公告第航部-5号 調達要求番号1-02-1049-011A-HS-0201 令和2年5月14日, 公告第武-1号 調達要求番号1-02-1 -013A-HE-0001 令和2年3月9日, 公告第需機-361号 調達要求番号1-01-1328-013AHM-2002 令和2年3月18日, CTスキャン検査をデリバリー可! 初の災害派遣「CT診断車」、なぜ陸自に配備? | 乗りものニュース, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=陸上自衛隊の装備品一覧&oldid=80101133, 下記のSCAR小銃とHK416を含む三機種の中から2019年に選定され、2020年制式化。令和二年度概算要求で3,283丁が10億円で調達されることが公表されている, 自衛隊の前身である警察予備隊創設時の主力小銃。陸上自衛隊では後方部隊、教育部隊用として長らく使われた。, 91式携帯地対空誘導弾の多連装発射装置および観測・誘導装置を高機動車に搭載したもの。, 87式対戦車誘導弾の後継として開発され、後に79式対舟艇対戦車誘導弾と87式対戦車誘導弾を統合する装備として開発計画を整備。, 88式地対艦誘導弾の後継として「88式地対艦誘導弾(改)」の名称で開発が進められていたもの。, ヘリコプターの機体左右に装着された散布装置によって散布・敷設される空中散布式地雷。, 96式40mm自動てき弾銃を装備した「A型」(画像上)と、12.7mm重機関銃M2を装備した「B型」(画像中)の二種類が存在する。, 特科で155mm加農砲M2および203mmりゅう弾砲M2、高射特科で90mm高射砲M1の牽引に使用。, 特科で155mmりゅう弾砲M1の牽引に使用。後には155mm加農砲M2の牽引にも用いられた。, LVT水陸両用装甲車のうち75mm自走砲型のLVT(A)-5を水陸両用機構の参考として供与。, 供与のGMCトラックの更新として導入されたいすゞTW・TXシリーズの自衛隊(警察予備隊、保安隊)向け生産型。, 73式中型トラック・73式大型トラックなどでけん引される1軸2輪の被牽引型運搬車。, 73式中型トラック・73式大型トラックなどでけん引される1軸2輪の被牽引型水タンク車。, 3軸10輪の牽引車兼装輪式回収車であるM26と最大積載量40tの2軸8輪トレーラーであるM15により構成される。, アームの先端のアタッチメントの交換により多種多様の掘削作業が可能な装軌式土木作業機械。, 架設車、ビームおよびビーム運搬車、橋節および橋節運搬車と支持装置他の付属装備により構成され、橋長60m、通過可能重量60tまでの架橋が可能。, 橋間橋節、橋端橋節、動力ボート、道路マット、道路マット敷設装置とそれらの運搬車から構成される。, ゴムボートに類する構造の浮体と、アルミ合金製の桁材・道板などで構成。1セットあたり最大90m、積載/通過可能重量40tの浮橋を架設可能。, 1両もしくは数両を結合して渡船として使用する他、連結して長大な浮橋とすることができる水陸両用車両。, H-13に次ぐ初等練習ヘリコプターとして導入されたが、連絡・観測機としての運用も可能とされていた。, 69式携帯無線機1号の後継機として1985年に制式化された背負い式の無線機で、主に小隊長等が使用する。三菱電機製。, 69式携帯無線機2号、3号の後継機として1985年に制式化されたトランシーバータイプの無線機で、主に小銃班長等が使用する。, 主に師団以下の各部隊が装備し指揮・連絡用に使用される背負い式の無線機。三菱無線製。, 主に師団以下の各部隊が装備し指揮・連絡用に使用されるトランシーバータイプの無線機。富士通製。, 主に師団以下の各部隊が装備し指揮・連絡用に使用される背負い式の無線機。日本電気製。, 主に師団以下の各部隊が装備し指揮・連絡用に使用されるトランシーバータイプの無線機。日本電気製。, 主に陸幕と方面総監部の間における指揮・連絡用に使用される中距離用無線機でシェルタに収容される。日本無線製。, 送信機(JT-N1/GRC)および受信機(JT-N6/GRC)によって構成される。退役済。, 主に方面総監部と師団の間における指揮・連絡用に使用される中・長距離用無線機。日本無線製。, 無線搬送装置1号 JMRC-C10/R10の後継として通信団に配備される、部隊司令部間の音声および画像の通信を行うための装備。, 方面通信群、師団通信大隊に配備される。送信機JT-F5、受信機JR-F5、空中線装置JAS-C4等で構成され、1トン半トラック用シェルタに収容される。, 69式無線搬送装置3号 JMRC-C1/R1の後継として師団特科連隊、混成団等に配備される。, 83式無線搬送装置3号 JMRC-C30/R30の後継として師団特科連隊、混成団等に配備される。送信機JT-C3、受信機JR-C3、空中線JAS-C14等で構成される。日本電気製。, 航空機搭載型の航空管制用及び空中指揮用の無線機で、航空機同士の通信に使用される。日本電気製。, 航空機搭載型の航空管制用及び空中指揮用の無線機で、航空機と地上間もしくは航空機同士の通信に使用される。日本電気製。, 航空機搭載型の航空管制用及び空中指揮用の無線機で、航空機と地上間もしくは航空機同士の通信に使用される。国際電気製。, 航空機搭載型の航空管制用及び空中指揮用の無線機で、航空機と地上間もしくは航空機同士の通信に使用される。三菱電機製。, 交換機2号 JSB-22/PTの後継として、1994年度より配備開始された野外用交換機。主に中隊クラスが使用する。, 電子交換装置2号JMTC-T5/T10/T20の端末として使用される野外用電話機。沖電気製。, 電子交換装置2号JMTC-T120/T121/T111/T110の端末として使用される野外用電話機。, JPRC-C1よりも大型の衛星中継通信装置。シャルタ式で高機動車に積載される。三菱電機製。, 主に方面隊クラスにおいて使用される野外用電子交換装置。日本電気、富士通、アンリツ新電元工業製。, 79式電子交換装置2号の後継として1994年度より配備された野外用電子交換装置で、主に師団及び連隊クラスにおいて使用される。日本電気製。, JAN/PRC-7/8/9の後継として導入された国産の携帯無線機で、主に小隊長用に使用される。退役済。, JAN/PRC-6の後継として導入された国産の携帯無線機で、主に小銃班長用に使用される。退役済。, 米国製車両無線機の後継として導入された国産の車両無線機。主に中隊長以下の指揮官用に使用される。退役済。, 65式レーダー装置2号 JAN/PPS-4の後継として開発された地上監視用レーダー。1983年より配備開始。, 72式対迫レーダ装置 JAN/MPQ-N1の後継として1986年より配備された対迫レーダー。3t半トラックによって牽引される。, 師団高射特化大隊に配備。1トン半トラック用シェルタと被牽引型電源車により構成される。, 71式対空レーダ装置 JTPS-P5の後継として、1988年より配備開始された対空レーダー。, 主に低高度で飛行する航空機・ヘリコプターに対して連続監視を行うレーダー。高機動車に搭載される。, 方面通信群の映像伝送小隊が運用するリアルタイム映像伝送装置。UH-1Jに搭載する機上撮影装置・機上中継装置、車載式の移動中継装置・衛星可搬局装置によって構成される。, HD可視カメラと高精細サーマルカメラにより昼夜問わず複数の人物・車両・船舶等を監視する装置。, 75式130mm自走多連装ロケット発射機(MSSR)の射撃諸元を導くために風向と風速を測定するための装置を73式装甲車の車体に搭載したもの。2003年に75式MSSRの退役に伴い退役。, 航空気象装置 JMMQ-M4の後継装備。1トン半トラックに搭載される気象情報処理装置・移動気象レーダー装置、および高機動車に搭載される移動気象観測装置によって構成される。, 航空機の着陸誘導管制に使用する移動用の小型GCA装置。監視レーダー装置 JTPN-P21、, 野戦特科大隊の射撃指揮に使用される。計算器、制御器、情報測定器、タイプライタ、読取器、さん孔器によって構成され、2t半トラックに搭載される。退役済。, 三脚式の第3世代型暗視装置。日本電気製。監視装置本体、ノートパソコンで構成され、軽装甲機動車の搭載も可能。, 64式7.62mm小銃や62式7.62mm機関銃等に装着する暗視装置。小型軽量化、84mm無反動砲にも対応したII型(B)がある。日本電気製。, 戦車前方に搭載される暗視装置。日本電気製。投光器、高圧電源部、受像部で構成される。退役済。, 主に64式7.62mm小銃や84mm無反動砲等に装備される暗視装置。日本電気製。投光器、高圧電源部、電源部、受像部で構成される。, JGVS-V4と同時期に開発された弾着監視用の暗視装置。JGVS-V4で流用可能とされた為、少数調達に留まる。, 野戦特科情報処理システムと野戦特化射撃指揮装置の後継となる特科部隊の指揮統制システム。東芝製。, 師団の高射特化連隊で運用される対空戦闘システム。対空戦闘指揮所装置、対空戦調整所装置、受信装置、送信装置、車両対空情報受信機、携帯対空情報受信機、各種連接端末装置によって構成される。1990年度配備開始。日本電気製。, 師団対空情報処理システムと高射指揮所装置(MTQ-1)の後継として2011年度より取得が開始された対空戦闘システム。方面隊用のI型、師団用のII型、旅団用のIII型がある(画像はII型)。対空戦闘指揮統制装置、対空戦指揮所装置、通信装置、対空情報受信装置、各種連接端末装置、指揮官幕僚端末によって構成される。三菱電機製。, Division Integrated Communications System:DICS(ディクス)/iDICS, 師団通信大隊以下で運用される野外用通信システム。日本電気製。2009年からはコスト・パフォーマンスを抑えた師団通信システム(改)が導入されている。, 師団通信システム・方面隊電子交換システムの後継として2011年度より配備が開始された野外用通信システム。アクセスノード装置、バックボーンノード装置、中継ノード装置(画像)、ネットワーク管理ノード装置、整備支援装置、広帯域多目的無線機によって構成される。, Regiment Command Control System:ReCS(レックス), 第1電子隊で運用されるシステム。電波の収集・分析を行うとともに、敵の通信電子活動を妨害して、情報優越の獲得に寄与する。三菱電機・日本電気製。, 66式鉄帽の更新用として調達されているもの。鉄帽という名称だが鉄製ではなく、繊維強化プラスチック(FRP)製。現在では改良された2型が調達されている。, CH-47J/JAの保守整備に用いられる車両。主にCH-47J/JAが所属する駐屯地に配備されている。ベース車は74式特大型トラック。, 250kg以下の物品を投下に使用。対応する重量により数種類がある。海空でも同等の装備を導入している。, 主として後方支援連隊の衛生隊などに配備されて、医療施設の無い場所で初期外科手術を行うことで、傷病者の救命率向上を図るものである。, 航空機事故に対応するための東急車輛製国産化学消防車。2000年代前半に導入。形式名TFD40MX。航空自衛隊および海上自衛隊でも同車種を採用している。, 現在は現役で運用されている高射砲は存在していない(予備装備としてのみ保有されている)。, 以下の車両は国産車両開発の参考用に少数が研究・試験用に導入されたもので、部隊による実際の運用は行われていない。, 2015年10月号「陸上自衛隊いまとむかし 陸上自衛隊誕生60年 (前編)」 2015年8月, (2003年)11月号別冊 『陸上自衛隊の装備車輌 Vol.1 60年代編』 2003年, Strike And Tactical (ストライク・アンド・タクティカルマガジン) 2009年9月号別冊 『戦後の日本戦車』(. 戦闘ヘリコプターとは、空飛ぶ戦車ともよばれる対地攻撃を主任務としたヘリコプターのことです。, 戦闘ヘリは、地形に障害されない機動力、全天候性のある偵察能力、対地・対空とマルチに対応できる攻撃能力の高さ、そして近年では他兵科とのデータリンク能力から、陸上兵力によって欠くことが出来ない存在と言えます。, アパルトヘイト政策(人種隔離政策)により、世界中の国々からの兵器輸出を拒否されていた南アフリカは、戦闘ヘリの自国開発を進め、AH-2ローイファルクが開発されました。, 1420kW・1904shpのエンジンを2機搭載することにより十分な機動力を確保しているのに加え、暗視ゴーグル対応型コックピットを採用、前席に射手、後席に操縦士が搭乗するタンデム配置2人乗りとなっています。, 武装についても20mm機関砲、V3Cダーター空対空ミサイル、ミストラル空対空ミサイル、ZT?3スイフト対戦車ミサイル、ZT-6モコ対戦車ミサイル、70mmロケット弾を備えており、他国の戦闘ヘリと比べてもそん色ない性能と言えます。, WZ-10(武直10型)は、中国の昌和飛機工業公司によって開発された中国初の本格的な戦闘ヘリで、「霹靂火(へきれきか:稲妻を意味する水滸伝の登場人物)」の愛称を持ちます。, 2003年に初飛行、2010年から運用開始された新しい戦闘ヘリで、開発にはヨーロッパのユーロコプター社とアグスタウェストランド社が協力したと言われています。, 試作機では、プラット&ホイットニー製のターボシャフトエンジン(1679shp)×2基でしたが、量産型からは渦軸9(WZ-9)ターボシャフトエンジン(1283shp)×2基に変更されました。, これによりエンジン出力は下がりましたが、燃料を満載しても1200kgのペイロードを確保しています。, 武装は、23mm機関砲1門、AKD-10空対地ミサイル、HJ-8E対戦車ミサイル、TY-90空対空ミサイル、ロケット弾ポッドなどです。, また、機首先端部に光学式センサーが搭載され、夜間や悪天候時の作戦能力も備え、精度の高い照準能力・状況認識能力を有しています。, イタリアのアグスタウェストランド社が開発し1990年から運用されているイタリア初の戦闘ヘリです。, 機体には複合素材を使用し、エンジンは、ロールスロイス製のターボシャフトエンジンで、左右にポッド式で2基装備しており、同時に2基が被弾停止するリスクを下げています。, 防御装置としては、レーダー警戒装置、レーザー警戒装置、赤外線妨害装置、チャフ/フレア放出機を装備しています。, 武装は、初期型には機関砲の固定武装はなく、12.7mm機銃ポッドを装着。さらにTOW対戦車ミサイル、70mmロケット弾ポッドを装備できます。, 改良型のマルチロールタイプA129CBTが開発されており、メインローターが4枚から5枚に増やされ、機首に20mm機関砲のターレット、スティンガーミサイルが追加で装備されました。, アメリカのアパッチやドイツのティーガーと比べると設計的に古く、性能的にも見劣りするため、後継機となるAW249の開発が進められています。, Mi-24は、旧ソ連のミル設計局で開発された戦闘ヘリで、1970年から運用されています。, 強力な武装で地上を制圧しつつ、搭載した歩兵戦力を展開するヘリボーン作戦を想定して開発された機体であるため、歩兵の輸送能力を持ち、そのため戦闘ヘリとしては異例の大きさとなっています。, 武装は30mm連装機関砲、対戦車ミサイル、ロケット弾、機関砲ポッド×4基などを装備しています。, これまで幾度となく改修が加えられており、実戦投入の機会も多く、ロシアや旧東側諸国をはじめとし、アジアから中東、アフリカまで世界40か国以上で使用されているのもその実用性と戦闘能力の証と言えます。, AH-1W スーパーコブラは、戦闘ヘリの代名詞とも言えるAH-1コブラ(アメリカがベトナム戦争に投入した世界初の戦闘ヘリ)の発展型で、アメリカ海兵隊の要求に基づいてベル・ヘリコプター・テキストロン社が開発し、1986年に運用が開始されました。, AH-1に、BGM-71 TOW対戦車ミサイルやM65 TOW照準器が装備されたのに加え、T700-GE-700ターボシャフト・エンジン(1285kW)×2基を搭載することにより、強襲揚陸艦の援護や発進した艦船への帰投などの長時間の洋上飛行が可能になりました。, AH-1Wの発展形で外形は似ていますが、コクピット周辺を除く機体の95%が新規開発されたのもであり、それまでのAH-1Wスーパーコブラとは全く別物の戦闘ヘリとなっています。, 現時点で唯一の艦載戦闘ヘリコプターであり、海上での運用を前提としているため、ローターブレードが折り畳み可能なことに加え、機体の塩害対策や敵艦船のレーダー等による電波干渉を受け難いなど特徴的な機能を備えているのが特徴です。, 前席と後席の2人乗りタンデムタイプのヘリコプターですが、前後席は共通設計になっており、どちらの席でも操縦、射撃が可能になっています。, 20mm機関砲、ヘルファイア対戦車ミサイル、サイドワインダーやスティンガーミサイルなどの兵装を備える他、高性能ミリ波レーダー、低光量テレビカメラ、ホークアイ照準システムにより高い偵察能力、火器管制能力を有しています。, サイドワインダーやスティンガーといった空対空ミサイルも搭載しており、地上攻撃だけでなく空対空戦闘も想定した空戦における最強ヘリとも言われています。, 西ドイツ(当時)とフランスが共同開発し、ユーロコプター社が設計製造している最新型の戦闘ヘリコプターです。, 開発元のドイツやフランス以外に、スペイン、オーストラリア軍でも運用されており、アフガニスタンでは実戦に投入されました。, コックピットは、一般的な戦闘ヘリとは異なり前席が操縦士、後席が射手となっている他、冷暖房を備え、搭乗員がNBC防護服を装着しても搭乗できるようになっています。, 武装は、30mm機関砲、20mm機関砲ポッド、HOT3/ヘルファイア対戦車ミサイル、ミストラル/スティンガー対空ミサイル、ハイドラ70ロケット弾などですが、ティーガーのタイプ(仏・空対空戦闘仕様HAP、仏・対戦車戦闘仕様HAD、独・多用途攻撃型UHT、豪・偵察武装型ARH)によって異なります。, ロシアのM・L・ミーリ記念モスクワ・ヘリコプター工場の開発した縦列複座式戦闘ヘリコプターです。, Mi-24のような兵員輸送能力は無く、純粋な対戦車作戦用戦闘ヘリコプターとして設計されました。, これにより最高速度がMi-24より向上し、敵戦車、ヘリコプターへの攻撃や味方のヘリコプターによる揚陸作戦における援護といった場面においてより高い戦闘能力を有しています。, 兵装は30mm機関砲の他、各種爆弾、ロケット弾、ミサイル、ガンポッドなど合計2,300kgを積載可能です。, コクピットには防弾装甲が施され、至近距離からの被弾や爆発したミサイルの破片からもパイロットを守ることができるよう設計されています。, タンデム配置の多い西側諸国の戦闘ヘリとは異なり、サイド・バイ・サイド配置になっているのが特徴です。, Ka-50が単座という戦闘ヘリとしては革新的過ぎた構造によって採用数増えなかったことから、より堅実にまとめられました。, 同軸反転式ローターを採用しているところは変わりありませんが、Ka-50より戦闘能力が高められ、夜間攻撃能力が付与されています。, もちろん、Ka-50と同じく高い運動性や速度は受け継がれており、射出座席も採用されています。, 武装は、Ka-50と同様に30mm機関砲、ヴィーフリ対戦車ミサイル、イグラ空対空ミサイル、S-8ロケット弾用20連装ポッドが搭載可能となっています。, AH-64は、AH-1 コブラの後継機を開発する発展型戦闘ヘリ計画により1976年12月にアメリカ陸軍で採用された戦闘ヘリです。, 兵装としてヘルファイア対戦車ミサイルやM230 30mmチェーンガン、スティンガー対空ミサイルに代表される強力な火力、メインローターの上に装備されたロングボウ火器管制レーダーによる偵察能力、強力なエンジンによる機動性、ロシア軍の23mm機関砲に抗堪することを目指した高い防御力を誇るアメリカ製の戦闘ヘリです。, 1984年の初飛行以来、改良を繰り返され、現在では5世代目のAH-64Eアパッチ・ガーディアンが登場しています。, AH-64Eでは、エンジン出力が2000馬力となり、火器管制システムが一新され、新しいデータリンク機能、無人攻撃機MQ-1Cグレイイーグルの統制機能が追加されました。, アメリカ陸軍のほか、イギリス、イスラエル、インド、サウジアラビア、韓国、台湾、そして日本の陸上自衛隊など世界各国で運用されています。, 陸上自衛隊では、AH-1Sコブラの後継としてスティンガーミサイルを搭載したAH-64Dアパッチ・ロングボウを採用しましたが、日本国内での運用には適さなかったこと、費用が高騰し過ぎたことから13機での採用打ち切りとなっています。, やはり上位はアメリカ軍・ロシア軍の戦闘ヘリとなっていますが、それ以外の国々でも最新の戦闘ヘリの開発が進んでおり、今後は中国など新興国のヘリ開発が注目されるところです。, 近年では、地上部隊が保有している地対空ミサイルに代表される対空火器の性能が著しく向上し、攻撃ヘリは以前ほどの力を示すことは難しくなったといわれています。, しかし、戦闘ヘリがもつ優れた機動性、攻撃力、高い捜索能力はいまだ健在で、侮ることはできません。, まだまだ戦闘ヘリは陸上兵力にとって欠くことのできない存在として、注目され続けることでしょう。.

レイド リセマラ できない 5, スイッチ 転売 むかつく 4, Jww Sxf 線幅 4, カーボン リム 寿命 11, ジュニアユース 神奈川 ランキング 9, 佐々木 琴子 熱愛 4, ビューティー トワレ 故障 6, C言語 関数 計算 5, 土間 モルタル仕上げ 単価 14, Ticwatch Pro リセット 6, へ ず ま りゅう 山口 38, 黒い砂漠 アクム 見た目 6, パワポタ4 マイライフ 疲労 5, ボカロ にわか 検定 29, Nat越え あつ森 B 4, Pso2 武器 比較 32, ユニクロ ダメージスキニー 裾上げ 9, 所得税徴収高計算書 書き方 司法書士 18, ハイエナ リカオン ジャッカル 31, Huawei P10 Lite Vrゴーグル 4, Vivoactive3 ナビ 使い方 10, 8jours 川越 誕生日 8, Nvidia Cuda Build 4, へ ず ま りゅう 山口 38, Wsus Certificate Server 4, Yzf R25 弱点 15, 緒方貞子 子供 何人 20, レイヤー 前髪なし ミディアム 4, 防衛大学 校 後悔 17,