歴代の地球防衛軍と比べると、地球防衛軍5はストーリーが凝っていました。ただし疑問点も多く残ったのが事実。ここではsf好きとして考察した結果を記しておきます。また、考察の一助になるかもしれない本を紹介しておきます。地球幼年期の終わり【新版】 対象者 体力:2000〜3000くらい M1 対侵略生物1 武器① マスター・シールド 武器① ブラストホール・スピアMS 武器② FH29迫撃砲 武器② FH29迫撃砲 装備① 砲口安定化装置S式 装備② ディフレクトセルAX 変異... 対象者 体力:2000〜3000くらい M1 対侵略生物1 装備① 150ミリνラピス 装備② ZEXR-GUN 装備③ 重爆撃機フォボスZ プラン4 ビークル: 二クス(お好み) 待機中の敵をアクティブにしたらもっと多くの敵が湧い... 対象者 体力:2000〜3000くらい M1 対侵略生物1 武器① スローターEZ 武器② MEX5 エメロード 装備: EXレーダー支援システム or アーマー系 第1波〜第3波まではパッシブの敵が出現し、アクティブになると同時にも... 対象者 体力:1500くらい M1 対侵略生物1 武器① ドラグーンランスZM 武器② プラズマ・キャノンF型 プラズマコア: VZプラズマコア 第1波〜第3波まではパッシブの敵が出現し、アクティブになると同時にもっと多くの敵が現れる... 実際に目にしたわけではなく「頭が1つ、目が2つ、手足は2つずつ、二足歩行」という情報だけで人間と同じだと評することができる, ぶっちゃけ「かの者」とかいなくてもそのまま地球侵略できそうだけど「かの者」が死んだら撤退する, コマンドシップと「かの者」は少なくとも何かしらの事情・理由があって人類を直接殺しにきた。. 地球防衛軍5は、地球防衛軍シリーズの最新作で、今回はストーリー性が少し強くなっていたり、エイリアンが登場したりと、今までの地球防衛軍シリーズとは少し異なる部分もある作品です。 ステージ数などはシリーズ最大のボリュームですね。, この作品について感想、関連商品紹介、 ディープな考察(?)をしていきたいと思います!, 新しい試みもあるものの、内容はしっかりと地球防衛軍です。 いつも通り、いつものように楽しめます。 安定した出来栄えですし、これぞ地球防衛軍、という感じの する作品になっています。, ストーリー性がUP、と言っても、ムービーなどがあるわけではなくあくまでもいつものように、通信などで語るスタイルです。ムービーとか入れられても違和感があるでしょうから、これで良いのだと思います。結構、シリアスな感じが漂っていました^^, 敵は他の作品で見たような感じのが多いです。 エイリアンやラスボスなど、新しい感じのも多少は居ますが…。 個人的にはマザーシップの本気に驚きました^^ あれは酷い(笑), やり込み要素は凄まじいものがあります。ミッション達成率を100パーセントにするには、まさに数百時間程度のプレイが必要なレベルだと思います。相当な時間が必要になりそうです。, 基地での戦いや、最後の展開など、新しい展開もありましたが 基本的にはマンネリです。 敵も、ステージの構成も、展開も、前のシリーズで 見たことのあるものが多いです。, 地球防衛軍自体が好きならそれで楽しいのですが 気になる人は気になるかもしれません。, 大ボリュームで、地球防衛軍を1からやっている人間から してみれば、非常に楽しい作品でした。, 地球防衛軍5の難易度は5段階用意されています。地球防衛軍シリーズではおなじみのイージー、ノーマル、ハード、ハーデスト、インフェルノの5段階ですね。, ハーデストとインフェルノは最初から遊ぶことはできません。 遊ぶためにはゲーム本編を一度クリアする必要があります。 イージーでも構わないので、ゲームを最後までクリアしてみましょう。 クリア後に、ハーデスト以上も選べるようになります。, ハーデスト以上はハードまでとは別次元の強さです。油断すればすぐにやられてしまうでしょう。相当な量の強化が必要になります。ハーデスト以上になると、敵の配置にも調整が入り、より手ごわい敵と戦っていくことになります。また、敵の亜種なども出現するので、ハードとは別の攻略方法が必要になりますよ!, 難易度ハードまでは、ハードでクリアすると下位の 難易度、イージー、ノーマルにもクリアマークが つきます。 しかしハーデストとインフェルノは別枠扱いなので、 インフェルノでクリアしても、ハーデストにクリアマークが つくことはありません。, ハーデスト以上はいつもながら本当に難しいので、 特にソロプレイの場合は、武器の強化とアーマーの強化が 必須になりますね。 なかなか難しいですが、頑張りましょう^^, 「攻略本」が1種類だけ発売されています。 ファンブックなどの類は今のところ発売されていません。, 攻略本のタイトルは「オフィシャルガイドブック」 ファミ通でおなじみのエンターブレインから発売となっています。 価格は2106円、ページ数は216となっています。, データの掲載がメインな感じで、 完全攻略を目指す方には向いていない感じの内容になっています。 ハードを想定したメインストーリー攻略もありますが、 インフェルノクリアだとか、やり込み要素を攻略したい方は この攻略本ではなく、攻略サイトなどを見た方が早いと思います。, 読み物としての内容も薄いので、 あくまでもデータを見たい方、それでも良いから本が欲しい方 向けでしょうか。, ちなみに、地球防衛軍シリーズの攻略本の発売は久しぶりです。前作「4」は発売されませんでした。, 現在のところ1,2、アースディフェンスフォースの攻略本が 発売されています (1はシンプル2000シリーズ攻略本バトル編に収録), 地球防衛軍シリーズ自体が、サントラCD発売の実績が ないため、今回も発売されるのを期待するのは 難しいのではないかと思います。, 関連書籍、サントラとしては 「オフィシャルガイドブック」一つのみの発売となっています。 元々書籍やサントラの展開には積極的なシリーズではないので、 これ以上の関連商品が出る可能性は薄いのではないでしょうか。, プライマーによって、人類は壊滅直前。緑色の巨大生物により、ビルの解体なども始まり、もはや戦況は絶望的、と言える状態でした。しかし、最終的に人類は、その被害は大きいとはいえ、プライマーを撃退することに成功しています。, 敗因は、人類を舐めすぎたことにありますね。恐らく、慎重に侵略を進めていれば人類はそう遠くないうちに全滅したことでしょう。何せ、マザーシップが10機も残っていたのですから…, マザーシップNo11…これに皇帝と思われる宇宙人が 乗っていました。 この皇帝が倒されたことがプライマー敗走の直接の原因です。 では何故、皇帝は地球に来てしまったのか。, こんなところでしょうか。 恐らくは地球の支配が進んだ段階で地球に 降りてくるつもりだったのでしょう。, マザーシップNo11の降下がもう少し遅ければ、 戦いの結果も違ったのかもしれません。, 恐らく、マザーシップを1台も破壊されていないこともあり、 マザーシップNo11を破壊されるとは思ってもみなかったのでしょう。, 実際にダメージを受け始めてからは相当 焦っていた様子で、 No1からNo10までのマザーシップを全て呼び寄せただけではなく エイリアンなども大量に呼び寄せていました。, プライマー敗北の主因は、皇帝が乗るマザーシップNo11が 地上に降りてくるのが早すぎたことでしょうね。 もう少し様子を見ていれば、残り10機のマザーシップによって プライマーの勝ちは確定していたはずです。。, ・マザーシップナンバー1 最終決戦の際に移動を開始したマザーシップの一台として登場。 明言はされていませんが、恐らく最初に出現したマザーシップが ナンバー1だと予想されます。, ・マザーシップナンバー2 テレポーションアンカーを各地に発射していたマザーシップ。 プレイヤーとも一度、交戦しています。 終盤にもその名前が何度か登場しており、登場頻度の高い マザーシップです。, ・マザーシップナンバー3 ナンバー11との戦闘時、北米でEDFと戦っていたマザーシップ。 巨大砲台に損傷を与えることに成功しており、 プレイヤー以外の隊員にダメージを与えられた数少ないマザーシップ。, ・マザーシップナンバー4 作中では目だった活躍はなし。恐らく話題にも出ていないかと, ・マザーシップナンバー5 聞き逃しの可能性もありますが、ナンバー5の話題も出ていません。, ・マザーシップナンバー8 EDFの戦力の一つに攻撃を仕掛けたマザーシップとして 通信にのみ登場。実際に対峙したことはありません。, ・マザーシップナンバー9 ミッション15、98で対決したマザーシップ。 ジェノサイド砲の砲撃などは行わず、ドローンなどを 放ち続けていました。 終盤は主に海を移動していた模様です。, ・マザーシップナンバー10 ナンバー9との対決中に通信で話題になっていた マザーシップ。他地域を攻撃していたようです。, ・マザーシップナンバー11 最後に追加でやってきたマザーシップ。 プライマーの皇帝が乗るコマンドシップで、他のマザーシップを 遥かに凌駕する力を持つようです。 バラバラのパーツのような姿になることもでき、 その火力は圧倒的です。 ミッション109で対決。唯一プレイヤーが撃墜するマザーシップです。, EDFに所属する人物で、ミッション1で巨大生物に主人公が襲われた際に遭遇。主人公を助け、武器の扱いを教えてくれた人物です。その後も度々主人公の前に姿を現して共に戦ってくれます。, ミッション1で登場後、11まで主人公と行動を共にします。 主人公がEDFに入隊後は、時々同じミッションを担当することに。 終盤で、作戦指令本部からストーム2のコードネームを 与えられて、更なる戦いに挑むことに…。, 軍曹はステージ内で倒されても、その場にうずくまるだけでやられてしまうことはありません。ストーリーの演出上、軍曹に居なくなられては困る…ということでしょう。ある意味無敵の男です(笑), 作中の通信を聞いている限り、彼の実力もかなりのもののようです。 その証拠に、終盤の戦いもしっかり生き残っています。 ただ、通信内容から主人公のほうが実力が上であることは 間違えなさそうですが。, 作戦指令本部から名指しで指令が入っていることもあり 軍曹の実力は信頼されているようです。 ウイングダイバーやフェンサーの精鋭部隊を差し置いてストーム2と 呼ばれていることからも信頼の高さが伺えます。, 紫がかった色の服装をしており、他のEDF隊員とは 少し違うカラーリングをしています。 似ている兵士も居ますが、彼だけは固有(?)の姿みたいですね。, 最初の登場から、11ミッションの間はずっと一緒なので 特に多く活躍していました。 こういうキャラクターは今まで居ませんでしたが、こういうのも 悪くはないですね^^, プレイヤーキャラクターである隊員の直接の本部にあたる部署です。本部の人間からの指令が通信を通して送られてきます。なお、登場するのは指令本部の指揮官と思われる人物のみで、他の人物は登場しません, 物語序盤から登場。以降は通信で、指令を送ってきます。 途中、プライマーに本部が攻撃される場面もあったものの、 なんとか脱出し、以降は機能を地下に移しての 指令を送ってきます。, 作戦指令本部を名乗る人間は3と4にも登場していましたが、 作品内の世界は3、4とは別世界なので、別人と思われます。 また、担当声優さんも違うので、 過去作品の作品指令本部とは別人だと考えられます。, いつも壊滅的状況になっても”無敵”な作戦指令本部ですが今回は珍しく、終盤で作戦指令本部が襲撃されています。しかしながら、彼は上手くその攻撃をかわし、地下にその機能を移し、再び指令を再開します。, 今回登場するオペレーターのような人物は、 戦略情報部の人間で、作戦指令本部の所属ではなく オペレーターでもありません。 そのため、意見の食い違いのようなやり取りが 時々散見されます。, 作戦指令本部の素顔は不明です。いつもながら、今回も彼が通信以外で登場することはありませんでした。いつかその顔を見れる日が来るのでしょうか。, いつもの本部、って感じですね^^ マザーシップ戦前の演説も健在です。 地下に逃げることができるぐらいですから、実力も あるのでしょうね!, 地球防衛軍5に登場した部署の一つで、従来の作品におけるオペレーターのような立ち位置の人物とその部下が作中では登場しています。部下は戦場に同行(台詞のみ)しています。, 作戦指令本部との関係は、協力関係にあるようですが、 どちらにも上下関係は無いようで、 互いに持ちつ、持たれつのような関係のようですね。 時々、苦言を呈しているシーンも見受けられます。, 作中では、プライマー出現後、作戦指令本部へのバックアップを申し出て、以降は通信でサポートを行い、主に情報面を隊員や作戦指令本部に伝えていました。最後まで生存しています。, 敵エイリアンの命名を行っていたのは この戦略情報部でした。 素早く命名されるものもあり、その場のノリで 名前をつけているような雰囲気も…?, 作戦指令本部は一度襲撃されていた様子ですが、戦略情報部のほうは一度も襲撃されている様子はありませんでした。一体、戦略情報部というのはどこに存在するのでしょうか?, 戦略情報部の人物がストーム1の力に興味を持ち、 中盤より部下を派遣しています。 後に部下は伝承にある金の卵と称された宇宙船を 探し始めます。, 作戦指令本部共々、相変わらず無敵の存在ですね^^ 一体どこから戦略情報を送ってきているのか 気になるところではあります, EDFの基地のひとつで、ゲーム開始時に後にストーム1となる人物が訪れていた場所ですね。プライマーの襲撃を受けたことにより、ベース228がゲームで最初の戦場になります。, ベース228はとても広い施設になっており、 迷宮のような構造になっています。 作中でも何度か訪れることになり、施設の圧倒的 サイズが見て取れます。, 作中ではミッション1~4のあいだ、ベース228で戦うことになり、終盤で、とある兵器を回収するために軍曹たちと共にベース228奪還作戦を行うことになります。その際にも訪れるので計2回ですね。, 作中で登場する軍曹の勤務地のようです。 主人公は、怪物に襲撃された際に軍曹率いる部隊によって 助けられて、以降、行動を共にすることになります。 軍曹が居なければ主人公もそのまま丸腰で倒れていて プライマーとの戦いに敗れていたかもしれませんね。, ミッション4で大量のテレポーションアンカーが落ちてきたためベース228を破棄することに。しかし、後にベース228を訪れた際、明らかにアンカーの数が減っているのですが、誰か破壊したのでしょうか?笑それとも、プライマーが回収したのでしょうか。どうでも良いことですが、疑問に…w, 作中で登場したのはこのベース228だけですが、 ほかにも作戦指令本部や戦略情報部が存在する基地をはじめ 色々な基地が存在するものと考えられます。, 地球防衛軍シリーズでEDFの基地が少しでも登場 するのは今回が初めてですね。 非常に珍しいケースです。 全体の10分の1にも満たないステージでしか使われませんが なかなか印象に残るステージでした。, 物語序盤に登場したカエル型のエイリアンです。緑と赤の2種類が登場しており、様々な武器を持っているタイプが存在しています。 コスモノーツ登場後は出番が減りますが、終盤まで全般的に 登場しています。, プライマーのメインの住民かと思いきや、 コロニストの正体はプライマーに使役されている住民… とのことでした。 あくまで通信の会話による憶測なので 本当にそうなのかはプライマーたちにしか分かりませんが…。, コロニストに装着されている装置は、コントロール関係の装置のようです。これによりコロニストは操られているのではないか、というのがEDFの見解でした。, コロニストはかつてプライマーによって侵略された どこか別の惑星の住民のなれの果てなのかもしれません。 「地球も負ければ同じ運命になるのではないか」と 作中でも発言がありました。, コロニストは地球環境に適応できない体 だったのだとか。ですが、それもお構いなしに地上に 降り立ち、EDFと戦いをしていることから、 使い捨てのコマなのかもしれません。, また、有翼型巨大生物がコロニストの幼生体であることが 後に判明しています。 そのことから、コスモノーツたちが養殖して コロニストを増やしている可能性もあります。, なかなか恐ろしい存在ですね。 コスモノーツに比べると、だいぶ弱い感じもしますが、 初登場時はなかなかインパクトがありました。, 今回のラスボスは「かの者」と呼ばれるプライマーの皇帝でした。シリーズで初めてエイリアン系統の敵がラスボスとなりました(今まではマザーシップ系統がラスボス), マザーシップ・ナンバー11に搭乗していたプライマーの皇帝。 その攻撃方法は苛烈で、エイリアンを召還したり、光のビームを 放ったりします。 ダメージを与えると形態も変化していきますね。, 高難易度ではどうなるか分かりませんが、 個人的にはミッション109で対決したマザーシップナンバー11の 方が強い印象でした。 もちろん、かの者も強かったのですが…。, ちなみに、正式名称ですがステージ名表記では「かの者」戦績確認では「銀の人」作中での呼称は「神」とか「皇帝」とか呼ばれています。名前ははっきりとはしませんね。, 容姿は人型のエイリアンです。 「銀の人」などと表記されているように、銀色の巨大な人物です。 特に台詞をしゃべるようなことはありませんが、 その行動には知性すら感じさせます。, 最終的にはこのかの者は倒され、プライマーは戦意を喪失、 そのまま宇宙へと撤収した模様です。 圧倒的有利だった戦いを放棄してまで、撤収するぐらいですから それだけプライマーにとっては大きな存在だったということでしょう。, マザーシップナンバー11⇒かの者の展開は シリーズとしては初めてで、なかなか面白い展開でした。 ナンバー11もかの者もインフェルノになったら相当強そうなので 苦しい戦いになりそうです, プレイステーション4ソフトは、初期でこそ 説明書がついているソフトもありましたが、最近のソフトは 説明書がついていません。 たいていの場合オンラインマニュアルになっています。, 説明書の削減は「紙資源の節約」だと、どこかの メーカーが言っていましたが 最近はオンラインマニュアルすらないゲームも。 ただ、面倒くさいだけじゃないですか(笑), しかし、地球防衛軍5は説明書がついていました。 思えば、地球防衛軍4.1にも説明書がついていたので、 ディースリーパブリッシャー様は説明書が好きなのかも しれません^^, 説明書の内容は、各兵科の操作説明、という感じの 内容で、そこまで内容の濃いものではないのですが しっかりと操作は分かります。 ゲーム内にもチュートリアルがあるので親切ですね。, ゲーム内でもミッション1でチュートリアルがあるので、 特に説明書を読まなくても、ミッション1で操作方法を 習得することができます。 まぁ、読まない人も多いですよね…。, やはりせっかくのパッケージ版には説明書がついていた方が 良いですね^^ まぁ、色々な事情があるのだとは思いますが、 個人的にはついていた方が面白い(?)です。, 地球防衛軍シリーズの敵宇宙人は、基本的にその正体を 見せることはありません。 巨大生物自体が宇宙人の本体だ、なんて説もありましたが、最新作である 5ではついに宇宙人が姿を見せました。, シリーズ初の宇宙人 地球防衛軍5ではシリーズ初の宇宙人が登場。 最初にカエルのような姿をした「コロニスト」が現れました。 しかし、このコロニストは、宇宙人に使役されているだけの存在で、 これもまた、侵略者そのものではありませんでした。, 中盤から・・・ シリーズ初の宇宙人となる本体が登場したのは、中盤。 「コスモノーツ」というコロニスト以上に強大な力を持った敵が 出現しています。 外見は鎧で身を隠していますが、本体は、典型的なエイリアンみたいな 顔つきをしています。, ラスボスも 地球防衛軍5のラスボスは、マザーシップ系統の敵ではなくて、 シリーズ初のエイリアンそのものでした。 「かの者」と呼ばれるエイリアンの親玉がラスボスで、巨人のような 風貌をした敵になっています。, 他のシリーズでは? ただ、5の敵「プライマー」は、エイリアンが姿を見せましたが、 1と2のインベーダーや、3と4のフォーリナーたちにも、 同じように人型のエイリアンが存在しているのかどうかは不明です。 もしかしたら機械文明かもしれませんし・・・。, シリーズで初めてエイリアンが登場した地球防衛軍5。 今までの展開とは少し違う展開に驚いた人も居るかも しれませんね。 シリーズも5作目ですから、こういう少し違う変化がある、 ということは良い事だと思います。. 100%持ち帰り可にしても数回数十回レベルの個数だと、インフェルノレベルの敵攻撃力には焼け石に水レベルの成長なのでバランス崩壊にも繋がらないはずですし。, 失敗を何度も何度も繰り返し、ほんの少しの成長を積み重ねてやっとの思いでクリアする感覚って、非常に熱いと思うんですけどねぇ。, パッと思いつく限りで一番大きな影響を受けそうなのはやはりレンジャーのライサンダー二刀流でしょうか。レンジャーの終盤テンプレ装備の1つであり、かつ安易に強いのではなく、それ相応のテクニックも求められる有用な装備構成であったので非常に残念。, 従来作でも、たとえばショットガンなど鉛弾が拡散する武器種は、射程ギリギリだと着弾数が少なくなる(=威力が低くなる)といった仕様はありました。ただ、そもそもショットガンは近接用という共通認識があったため問題ではありませんでした。, 本作ではアサルトライフル等中距離で活躍する武器にも距離減衰が導入されている為、接近戦を強いられる場面が多くなっています。, エアレイダーを除いて平等に距離減衰は取り入れられてはいますが、代替手段を用意できるウイングダイバーやフェンサーと比べ、中距離武器の全てに距離減衰が付いているレンジャーが一番割を食っている感があります。, DLCミッション1配信時のアップデートで高ランクスナイパーライフルの攻撃力に上方修正が入ったため、若干解消されたのことですがそれでもまだまだ他兵科と比較すると弱いようです。, DLCミッション1や2で手に入る武器を取得する事でかなり強くなるようですが、結局は金で解決ということでかなり評判が悪いです。, 読んでもらうと分かりますが、ぶっちゃけ買う価値があるのはミッションパック1と2だけです。かろうじてEasyやNormalの最序盤に役立つ特殊装備の一部は買っても良いかもねレベル。ネタ武器は論外で完全にお金の無駄。, 誤解を恐れず声を大にして言いたい。シーズンパス(及び、ゲーム本編とシーズンパスのセット版であるデジタル プレミアム エディション)は絶対に買ってはいけない!!!, 僕は発売半月後くらいにデジタルプレミアムエディションを購入したのですが、最初からシーズンパスの内訳が分かっていれば絶対に買わなかったと断言しても良いです。本当に後悔しています…, 5作目にして、やっとレンジャーやウィングダイバーにも新しい遊びの幅が出てきたことになります。ここからは各兵科に関して感想を言っていきたいと思います。 ID: JXAElFbuDF, 2020/09/17(木) 22:25:33 人類が初めて遭遇する脅威。その名は「プライマー」, さらに地下深くまで建造されたEDF基地に侵入する巨大な昆虫型の怪物。 ID: GWpnj3l0v2, 2020/11/09(月) 21:21:52 EDF5:地球防衛軍5 @Wikiへとうこそ! 当Wikiでは2017年発売のPlayStation 4「地球防衛軍5:EDF5」に関する情報をまとめています。 当wikiは一部の重要なページを除いて自由に編集することができます、詳しくは利用ガイドをご覧ください。 公式サイトはこちら 先日もコンバットフレームと呼ばれる戦闘用歩行ビークルが数十台も空輸されたばかりだ。, 基地は問題を抱えていた。 武器の過剰な所持に対し、周辺市民が反発。抗議運動が巻き起こりつつあることだ。 ただし疑問点も多く残ったのが事実。ここではSF好きとして考察した結果を記しておきます。, コロニストは大気汚染を経験したことのない、どこかの星から連れてこられた哀れなクローン兵士。, コロニストのそれらが明らかになる前に 「あれだけの文明を持っていながら大気汚染を経験していない……?」 「文明の主は別にあるのかもしれません」 という会話があります。, 大気汚染への耐性の有無を文明の主か否かとするならコスモノーツも大気汚染に弱いので文明の主かどうか非常に疑わしくなります。 2018/01/20追記: 大気汚染に弱いのはコロニストと変わらず、しかし直面したから対策として宇宙服のような汚染への対抗策を作り出したと解釈すべきなのでしょう。, 少なくともプライマー侵略軍の運用要員ではありそうです。宇宙服着てるってことは船外活動とかするのかもしれませんし。 コスモノーツたちがプライマーヒエラルキーのどこにいるかはわかりませんが、少なくともコロニストのような使い捨ての立場ではないのでしょう。, 余談ですが逆再生するとEDF隊員の声になるのはコロニスト・コスモノーツ・「かの者」共通なので、言語自体は共通の模様です。, 公式サイトにはコロニストは人類同等の知性、コスモノーツは非常に高い知性を持つと記述されています。, 怪物と呼ばれている侵略生物、α型・β型・γ型ともどもそれぞれ蟻・蜘蛛・ダンゴムシにそっくりです。 しかし、劇中では一言もそういうことに言及がありません。「怪物だぁ!」の一言で収められています。 これに対して「(平成)ガメラの世界に亀がいないのと同じように、この地球には(リアル世界にいるような姿形をした)蟻・蜘蛛・ダンゴムシがいない1のでは?」という説を聞きました。なるほど。, 人類とコロニストが初めて遭遇した際「人間と似すぎている、撃ちたくない!」という発言があります。 タッドポールともどもカエルと言及されない……と思いきやタッドポール(tadpole)はオタマジャクシ2の意味を持つらしいです。 なのでもしかしたらカエルは地球にいてもおかしくない……のかなぁ。EDF世界でタッドポールという言葉がどういう意味を持つかはわかりませんが、おそらく地球にいる既存の生物と同じ名前をつけることはないと思うので、もしかしたら神話の世界の生物だったりするのかもしれません。, 「あるいは、我々自身がプライマーが生み出した生物……あの怪物たちのようなものなのかもしれません」という発言があります。 ただの思いつきのような発言ですが、考察を重ねるうちに「そうなのかもしれない」と思えるようになってきましたので記します。, EDF兵士はコロニストを見て「あれがエイリアンか……人間そっくりだ!」と言い、本部は「まるで人間だ……こうまで酷似しているとは」と評しています。 が、それ以上に驚くべき会話があることに気づきました。, 「宇宙人の目撃情報があります」 「宇宙人……?」 「人間と酷似した生命体とのことです」 「エイリアンは人間と似ているということか?」 「頭が1つ、目が2つ、手足は2つずつ、二足歩行です」 「完全に人間と同じというわけか……。信じられん」, よってこのことからこの世界に人間に似た生物はいない、すなわち猿はいないんじゃないか?という推測が浮かび上がってきます。類人猿がいないとなると驚くべきことです。この世界では空飛ぶスパゲッティモンスター教が市民権を得てしまいます。, 類人猿がいないとなると、人類はどこから発生したの?という話になりますが、ここで冒頭の「プライマーが人類生み出した説」につながります。 初めて聞いた時は唐突すぎて「そういう噂だ(定型文)」って感じだったんですが、ここにきて信憑性がでてきます。, 「空から黄金の船が降りてきた」という神話があるくらいなので「人類は下から空を見て、神を見た」すなわち地球には先に人間がいたと思っていたのですが、, と考えると矛盾もないでしょう。あるいは「墜落した宇宙船に乗ってたのが人類だった」という推測もアリかもしれません。ここら辺は妄想次第で色々とストーリーができますね。, これらはEDF隊員の言葉ですがコスモノーツはコロニストと同様「頭が1つ、目が2つ、手足は2つずつ、二足歩行」という条件に合致しています。 少なくとも初見の印象は「人型のロボット」ということなので人っぽい形ではあるんでしょうが……。, 彼らについては「人類とコロニストに共通する何かが欠けている」ということなのでしょうが、それはなんでしょうね。足の指とかでしょうか。確かにコロニストにはあってコスモノーツにはないですけど。, マザーシップは10隻+1隻で全部で11隻です。 ただし2018/01/18現在公式サイトには12隻と書かれています。, 「地球に降りてきた順番にナンバー1〜10で、観測自体は12隻だったけど残り2隻が降りてこなかったから番号なし」とも言えなくはないですが「10隻のマザーシップを撃墜すれば勝利」的なことを指令本部が言っているので恐らくそうではないのでしょう。 開発のミスと捉えるか、次作への伏線と捉えるかは好きな方を選んでください。私は前者です。, ナンバー11は 「怪物を引き寄せてる……何かがあるぞ!」という流れから後に「(変形して)間違いない、こいつがコマンドシップだ!」と言われていますがこれについてはよくわかりません。, かの者が出てきた以上、結果的にはコマンドシップだったと言えるのですが「変形はこれまで報告されていない」 → 「コマンドシップだ!」という流れは正直謎です。 それまでに巨大砲台を墜とした例はなかったので、他のマザーシップも巨大砲台を墜とされたら必要があり次第変形する、という可能性もなくはないからです。, 基本的には宇宙からテレポーションアンカーやらデュロイやらを投下していて、さらに「直下からの攻撃を嫌う」という本部の言葉もあるので地上に姿を表すことの方が珍しいのでしょう。, マザーシップが直接攻撃に乗り出したのは(少なくともプレイヤーが分かる範囲では)潜水艦を攻撃するときだけでした。, 「かの者」はサイコキネシスを使います。 唐突と思うかもしれませんがSF界ではそう珍しくありません。涼宮ハルヒとか親戚ですし。, 2番に関してですが、仮にナンバー1〜10にそれぞれ「かの者」のような存在が乗っていたら「ククク……奴はかの者の中では最弱……。所詮親の七光りで大将になっただけの者よ」みたいな感じで引き継ぎが現れてもおかしくないからです。, 外見自体はコスモノーツに似ている、と言えなくはありません。 が、言及がないので関連性は不明ですね。, 戦略情報部の人が 「宇宙人の存在に気づいて人類はEDFを結成したが、それがプライマーを怒らせたのかもしれない」 と言っていますがこれは憶測なので、それで決定というわけではないと思います。, 1番については「我々がテレポーションシップと呼ぶものと酷似している」絵があることからそうなのでしょう。, 2番について「最近になって事情が変わったんじゃない?」という推測も建てられますが、デュロイ登場時の「彼らは侵略に慣れすぎている……」というセリフを考慮すると地球なんて「資源・土地足りなくなったからどこか侵略するか〜」となった瞬間に真っ先に狙われるでしょう。と言うわけで違うと判断します。, 侵略の目的ですが、唯一触れられているのは「EDFを設立したことによって彼らは怒ったのかもしれない」という話です。私はこれではないと考えています。 例えば「いずれ人類が成熟してきたら星間連合として迎えてやろう……。ん? 我らに歯向かう軍事組織EDFを作った? 野蛮だ! 粛清だ!」という感じで怒るのなら「なぜ平和主義を説かない?」「EDFが野蛮ならプライマーは野蛮ではないのか?」という疑問・矛盾が生じてきます。 それ以外にEDF設立に対して怒った理由が見当たりません。「文明の授け主である我らに対して恩を仇で返すとは!」みたいな超上から&押し付けがましい逆ギレをかましてくるとも思えませんし。, ただし「我々は彼らの存在に気づいてはいけなかったのでしょう」という発言はその通りだと思います。プライマーはそれこそ地球を侵略するのはいつでもよかったのですから、EDF設立が侵略のトリガーになったのだと解釈が可能です。, ここまでの情報を総合的に捉えて解釈すると、最も整合性の取れそうな説が「プライマーは戦闘そのものが目的説」です。私はこれを推します。, 知的生命体に文明を与え、成熟しプライマー文明に対抗するような文明・技術・組織を作り上げたら勝負する。これがプライマーの行動指針だとすると全てに説明ができます。, これが現状、最も穴のない説なのかな〜と思います。なぜ「かの者」が出張ってきたかというのもそれっぽい理由をつけれますし。, もしこの説が正しいとしても、これが言えるのは「『かの者』が出てきて、『かの者』が死んだらプライマーたちは撤退した」という事実がないとこの説を唱えることはできませんので、劇中で触れることができないのだと思います。エンディングとかに入れると完全に蛇足ですし。 (この説が絶対正しい!とまでは言いませんが、これ以上に自分で納得できる説が思い浮かばないので), しかしこの説を採用すると、終わり方・勝った理由ともどもスッキリしない結末になってしまいます。 まぁ元々あまりスッキリする終わり方ではないですが……。, そういう意味だと、地球防衛軍4 / 4.1のフォーリナーは「割に合わない」として撤退するのなんてすごく「してやったり感」溢れる終わり方で素敵でした。, 地球防衛軍3や4のラストは人類の底力や意地を見せ、囮になったりマザーシップを撃墜しました。 5もマザーシップが集結しようとしている点では同じですが、無線内容は後ろでごちゃごちゃ揉めているだけなので残念です。結局オペレーションオメガによってマザーシップを足止めしたのか・できたのかは不明ですし(発動から決着が着くまでの時間を考えると恐らくほとんど意味なかってでしょうね)。, ただ「やべっ、大将負けるって、救援行かなきゃ!」とマザーシップ運用しているコスモノーツが焦っていると考えるとちょっと面白いですね。「あ、負けたのかー……」と呆然と抜け殻のようになりながら撤退作業をしたのかもしれません。, あんまり意味がないかもしれませんが自分が考えた事を。 コスモノーツは大気汚染に耐性はある→それは自分の星の話であり別の惑星のウイルスにはさすがに耐性はない, あと、パッケージ地球に迫る光が11個ってこれはマザーシップ10+コマンドシップって事ですかね。, ウイルスについてはコロニストもコスモノーツも同条件なので目に見えないところで何らかの対策をしてるんじゃないかなと思います。 汚染物質というのは北京で大いに効果を発揮したと言うことから所謂PM2.5のようなその名の通りの汚染物質であると考えるべきでしょう。 その上で汚染物質に耐性のないと明言しているのですから、コスモノーツは ・そもそも文明の主ではない、コロニストと同じような存在 ・大気汚染を経験したが耐性がつかなかったため宇宙服を着ている の2択であると考えられます。, 地球防衛軍5の元ネタは聖書やヨハネの黙示録かな?

オールドファッション 冷凍 期間, ダイソー スクラッチアート 売り切れ, Yahooニュース 動画 自動再生 止める Pc, Fx 時間帯 特徴, 単語 意味 検索, 面接 雑談 多い, 小児 事故防止 看護, パズル ディズニー 500ピース 人気, コイズミ Ledシーリングライト リモコン, フーガ 故障 多い, 静岡銀行 フリーローン 審査, インスタ 赤ちゃん こずえ, アイビス 線画 レイヤー, 神戸大学 国際人間科学部 グローバル文化学科, 玄関マット 風水 西, トマト 炊き込みご飯 チーズ, なぜ 外国人は 英語 が話せる, プリペイドカード 残高不足 信用情報, C++ 文字列 削除, アニメーション アプリ パソコン, ヤマハ 電動自転車 バッテリー 診断, ひげ 梅田 メニュー, 炊飯器 角煮 ギャル曽根, 4k チューナー内蔵テレビ 中古, タグホイヤー アウトレット モナコ, デザイナーズ 中古 横浜, 新人 仕事 任せてもらえない, 難波 高島屋 ケーキバイキング, メールアドレス 複数 使い分け, ビュッフェアンドグリル シェフズ グッディーズ, Ds 画面 明るさ, 新型フィット 社外 パーツ,