国境の兵営を出発し隊の先頭を行くサンユンはユ医員が遅れていないか気にかけながらも速歩で進んでいた途中斥候のジョンフンとテマンが早駆けて行ったウンスは途中から尻が痛くなっていたがそれでも遅れまいと必死で手綱を握っていた「イムジャ疲れましたか?少し休みますか?」「ヨンアあとどれくらいで着くの?」「あと半時もかからず到着します」「30分弱ねわかったなら大丈夫よ」船に弱いウンスのために陸路で行くか悩んだが結局早くて安全な行程に決めていたようやく辺りが明るくなっ, ユウンス。いつでも夜は暗い。この空はあちらでも同じように見える。どこかでつながっているのかもしれない。暗い闇の中でも星たちは光り輝く。その光はあちらにいたときと同じ輝きだ。「花嫁殿。落ちるぞ」片手を木の枝から離して空にと伸ばしていたら龍にそう心配された。ひたすらに星を見つめながら答える。「大丈夫です」すると視線を感じたので隣に顔を向けた。口の端をゆるく持ち上げている。「何を問いたい?」私の心など簡単に見通す。「将軍はすねているのですね」「理由を知りたいか」あまりにも近いことに, ヨンたち高麗軍が故地奪還のため国境に向かって出陣した数日後トギが薬草園を手入れする日に合わせてチェ尚宮はペクを連れてチェ家の門をくぐった事前に訪いの報せをしなかったためかランやジヒは驚き慌てふためいたそれもそのはず三人はとても使用人とは思えぬ衣を身にまとい飾り立てていたサンホはバツが悪そうにチェ尚宮を出迎えた「サンホチェ家の家訓は忘れたか」チェ尚宮から静かに問われサンホは身を縮めたがランは平然と言ってのけた「ミギョン様最近は使用人でもこの程度の衣を着るのは, 「いいですか?一人で勝手にでかけるとは何を考えているんです」将軍は苛立ちのままに次に同じことをしたら兵舎に閉じ込めますと付け加えた。悪いと思って下を向いて小言を聞いていた。しかし縛って部屋に閉じ込めると聞いては面を上げた。「ちょっと正気?」「少しも反省してませんね」「か弱き乙女をしばるですって」「はっ!か弱き乙女?どこにいるんですか」ヨンはウンスの周りをきょろきょろしている。「ここよ」ウンスはヨンをすごみも負けないでここだと胸を張る。二人は叔母が来るまでお互いを罵り合っていた。一, 龍はウンスを腕に抱き上げて移動する。ウンスを兵舎の自室まで運んでいく。寝台に寝かせた。「目を覚ませ。花嫁殿」前髪を指ですいていく。するとウンスが目を覚ましていった。「おきたか」とても心配していたというように龍がいた。龍神がそこにいることに不思議そうにしてたが我に返り体を起こす。痛みが走り顔をしかめた。「どうした」すぐに異変に気が付いた龍は背中に手を当てて横にさせた。「平気です」「そなたの平気はあてにならない」「みせて」さすがに場所がお腹なので戸惑うが服に手をかけた。龍の手は器, ヨンとのあつい夜を過ごした次の日。ヨンは狼になっている。けだるい身体をむくりと起こした。いつもそうだ。狼ヨンは加減を知らない。体はきしんでいる。乱れた髪の毛をかき上げた。同じ布団に入り呑気にねこけているヨンに腹が立つ。「ん?なんだ」ぱちと目を開けた。三角の整った耳だ。触り心地がいい。にぎにぎしていた。「そろそろ起きないと遅刻ではないのか」大きな欠伸をして目をとろんとさせていた。「わかってるわ」慌ただしく時計を確認した。起きる時間だ。床に足をつけた。体を隠すためタオルを巻く。「今更だ, ウンス一人で王都を出歩いている。この前将軍と出かけた時はゆっくりできなかったのだ。「ウンス。俺より先に行かないでください」ヨンを無視して先に行こうとしたら肩をつかまれつかまってしまった。「だって」・・・・・・。あれはあれで楽しかったが今度は都をゆっくり見て回りたかった。誰にも邪魔されずに雨が降るようになって本当によかった。龍はいう。ウンスがいるから雨が降るのだと。「でも龍神さまが雨を降らすのではないのですか」「雨は私が降らすが花嫁がいてこその雨だ」ますますわからない。龍にとって天, ウンスは器を無言でふりふりしている。どうやら酒がないといいたいらしい。どこか偉そうだ。【私は酔っていない】というもすでに目はうとうとしはじめている。「なにをわけのわからないこといっているんだ」ヨンは呆れた目をしながら世話をしている。机にうつぶせになるので肩をゆさぶっていた。「ここで寝ようとしないで」部下たちは見慣れているのか何も言わない。私はすでに夢の中であった。かくんと落ちた。くうくう寝息を立てている。やれやれ皆が呆れたため息をついた。一つの部屋を案内されたのでウンスとヨンは寝台に, ウンスは王宮の片隅に立たずむ将軍を見つけた。珍しくウンスの気配に気づくことはなかった。「ねぇ。将軍」次の瞬間小刀を喉元に突き付けられていた。ウンスは身動き一つできなかった。「はっ」将軍は小刀をはずしていた。「びっくりした。殺られるかと思った」止めていた息を吐きだす。「何時も言っているだろう。不用意に近くによるなと」「声をかけてたもの」地面にへたりこんだままでいた。土に汚れてしまったウンスの手をとり立たせてくれた。ついでにズボンの土をぱたぱたと落としていく。「一人ですか?護衛はど, 昼間のテマンの話から己の知らぬ間に世間が勝手な縁談の噂をしていると知ったヨン開京から離れた今自分では噂を否定できぬことにヨンは苛立っていた何故俺が新たに妻を娶らねばならぬのだ俺の妻は一人だけだ俺の妻はイムジャだけ戦地へ向かう途中の野営地でヨンはウンスのために用意している包みを開き以前ウンスが着ていた衣や新たにチェ尚宮が縫い上げた衣を眺めたイムジャは一生俺のそばにいると約束しただからイムジャは必ず高麗に戻ってくる俺のところに帰ってくる包みを抱きしめヨンは, 風呂場から出て向かう先は寝室だった。横抱きにされたウンスは手を太い首にしなやかな腕をからませる。寝室のドアを乱暴に足で蹴り開けた。乱暴な狼だ。待てないのか。ウンスはとがめるようにヨンを睨む。「あせらないで」というのにヨンは少しも待てないというようにキスをしてきた。唇は離れない。何度もキスを繰り返していく。怪しく二人は絡まっていった。ウンスが気が付くとベッドの上に座っている。両手でウンスはヨンの頬をとらえキスをする。「目は閉じるものだろう」ウンスはキスだけで息が上がっていた。はぁ、はぁとヨ, 片手に飴を片手に饅頭を持っている。どうやって食べるつもりだ。「早く食べねばとろけますよ」「わかっているわよ」といいながら飴を放り込んだ。「饅頭をどうするんですか」くすくす笑いながらヨンが言うとリスのように頬を膨らませながら饅頭を食べている。頬がぱんぱんだ。その体のどこに入っていくんだ「そういえば将軍はお金持ちなのね」懐に収められている金に目がいく。「いいえ。そういうわけでは・・・使い道がないだけです」なるほどと一つウンスが頷いた。・・・・・・。王宮の中で噂をしているものがい, 第4章暴かれる真実⑧それから数日後、二人はマギアを去ることになった。最後にヒョヌとウンスは、アイヴァンへ正式に滞在の礼を言い、別れの挨拶をした。アイヴァンは何も出来ないことを詫び、せめて帰還の道中が無事であるように加護の祈りを与えた。そうして二人は今、ラピスへ向かう船に乗っている。ウンスは一人甲板に立つと、ぼうっと何を考えるでもなく、波間に白い泡が出来ては消えていくのを眺めていた。手は無意識に胸のペンダントを弄っている。このペンダントはアイヴァンに貰ったものだ。, 勢いで書いておりますので違和感を感じてもスルーして頂けると嬉しいです(汗)✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣シンイ小説②佳人(カジン)(5)「テ、隊長はおりますか? ウンスが部屋の中に入ると、ヨンが着替えをしている所だった 「俺も先ほど戻ったばかりです」 「久しぶりで疲れたでしょ」 ウンスは、ヨンの衣替えを手伝ってあげようと思い、傍へ寄ろうとした 「いえ。今日は溜った書類に目を通した程度でしたから。 比翼の鳥 特別篇~新婚初夜⑦~(完) 比翼の鳥 特別篇 ~新婚初夜 ~. 『あら我が家の子供たちも負けてないわよ 貴方の子供らしく逞しく育ってるもの』 『男ばかり故ウンスも大変であろう 某にも手に負えぬ事もあるからな』 『毎日が戦場みたいだけど充実してるわ 子供達も日々成長してるから見ていて 楽しい位なの』 ウンスは溜息をつきながら、目の前にある物体. 読者にな … を睨んでいた。 机の上に盛られた大量の餅菓子。 食べるか食べざるべきか? 「お母さま!頂きます!」 そう言って子供たちが次から次へと口へ放り込んでいいる。 ごくり・・・。ウンスの喉が鳴った。 !」兵舎に飛び込む様に入って来たトクマンはヨンの部屋へと駆け上がって行った。康安殿に行く所だったヨンは正装で部屋から出て来たが典医寺にいる筈のトクマンが扉の前にいて目を細める。「トクマン、何故お前がここにいる?医仙の護衛だろう?」ヨンは険しい表情になるがそんな威圧感も慌てているトクマンは躱し典, ウンスはヨンに買い物に連れていくように頼んでいた。「迷惑かけちゃうけどね」ウンスは言う。ここで過ごすには必要なものよ。ひらひらのスカートでは動けないもの。チュンソクに指示を出して出かけることになった。「いってらっしゃいませ」「ごめんね。いつも迷惑かけちゃうけど」彼らはいつも将軍の機嫌に左右されるのだ。街にでかけることになった。「すごい。大きい」「王都です。このくらいでは?」栄えていた。民はたくましい。都は雨が降り繁盛していた。三歩以上離れてはならないと言われた。ウンスはあちこち, 王には参考になるものはないと語る。「小さなころより親戚筋を回されてついには高官に売られてあのくそやろーの嫁になるくらいなら龍の花嫁になろうと志願したのです」「くそやろーか?」くすくすとと王がついに笑いだす。チェ尚宮が声を上げた。「おい、お前も何か言わぬか」黙ってそこに立っている甥をつついてくる。「何を言えというんだ?」こちらも言いかえす。「王さまはきにせずにそして龍の花嫁としてここにこられたことは感謝しております」ウンスは王に挨拶をした。そして王の前を退出していく。「王さまは, 第4章暴かれる真実⑦(最後の頼みの綱だったんだが…)ヒョヌは眉間に皺を寄せたまま目を瞑り、過去に一度だけ目にした皇帝、ヘイデンの姿を思い出していた。身体中から揺らめき立つ炎。あっという間に周囲は灼熱の渦に飲み込まれて行った。あの力に勝つ方法が他に一体あるのだろうか…。暫くして隣の居間から、自分の娘の、淑やかとは言い難い足音が響いてきて、ウンスがヒョヌの部屋へまさに突入しようとしているのが分かった。(まるで暴れ牛みたいな足音だな…怒っているのか)ヒョヌはクスリと笑う。「お父様!, 〜ゴッ…ゴホッ!ゲホッ…ゴホッ…ー「ウンス!大丈夫か?!」背中をトントン撫でながらヨンは心配そうにウンスの顔を覗き込んだーけほっ…ーコクコクと頷くウンスにヨンはホッと胸を撫で下ろした「全く!ジウさんも無茶な事を…」ウンスの顔にかかる前髪をそっと除ける「あの…ウンス…その…俺…」小さな声でためらう様にヨンが話し出すようやく落ち着いたウンスは顔を上げたそこには心配そうに見つめるヨンの目があったーあ…ホントだ…仔犬の目だ, 国境に向けて出陣したチェヨン途中通過地点の監営で馬を休ませヨンと古参の迂達赤が野戦食を摂っているところでテマンがヨンに尋ねた「大護軍あのう賛成事の娘を本妻に迎える話は出たら目ですよね?」「テマナなんの話だ?」「あのうチェ尚宮も違うって言ったけど…あちこちでやたら耳にするからトギが心配してて…オイラ両班の婚儀はよくわからないから」「私も親から聞かれました大護軍がいよいよ嫁取りをするのかと」「某もその話は聞きました大護軍が身を固めたら次はお前, この日は王と話をしに来ていた。十五の王は瞳をキラキラさせていた。ウンスは王に一礼して椅子に座る。ヨンは王を守るためにそこに立っている。「将軍のところで不自由はないのか」「いいえ。そんなことはありません」ウンスは王に礼儀正しく答えた。そこには叔母さまもいて気まずそうにしていた。「今日はそなたの国のことを聞きたいのだ」ウンスは目の前に置かれたお茶に口をつけて静かにそこに置いた。天井を仰ぎ見てからまっすぐに王を見た。「何を知りたいのですか」「そなたの国はそなたをまっておるものはいるのか」, 【いただきましょう】キラーンと私は瞳を輝かせて馬から下りた。白けた目がウンスに突き刺さる。【なによ?その目】ヨンが馬を操りあきれた目をしてウンスにいう。「皆が同じ意見かと・・・「なにがいいたいの」とふむ・・罠だったらどうするのか・・・」【疑り深いなぁ】能天気にいってみたらさらに冷たい空気となる。「慎重だといってくれ」ちらと馬上にいるヨンをウンスがじいっと見上げると呆れたような目でいた。【お酒ときいては飲まずにいられません】るんるんと鼻歌を歌い歩いていくと馬にのるように指示を出, 最近はこの3っつをちょっとずつ観ていまして・・・・Thisisus・信義・となりのツンデレ王子どれも普通に面白くちょっとずつ観ていました・・・が!!!「となりのツンデレ王子」すっごいすっごい良い!!!イギリス留学へ行く行かないの件らへんから・・・もうもうもう超絶ハマりだし!!!昨日は娘の遠足お弁当のために5時20分起き、それから1日仕事で疲れたけれども・・・とまらず、夜中の2時ぐらいまで観ちゃいました, シャワーをあびてウンスがいつものようにヨンを洗う。ウンスの美しい裸体をみて自然と尻尾を揺らす。「ウンス」背中にのしかかる。肩に両脚のせたので重さで前に倒れた。お尻をぺろりとなめた。きゃと悲鳴を上げた。「やめてちょうだい・・・くすぐったい」体の向きを変えた。ヨンはにやりとした。胸に手を伸ばした。いつの間にか人の姿になってウンスを押し倒してくる。「なんで人の姿になっているの」ウンスは眉を吊り上げていく。ヨンははっと飛びのくが遅かった。ウンスがあそこを蹴りあげていた。「うぐっ」ヨンが, 第4章暴かれる真実⑥部屋に戻ったウンスは、難しい顔をして考え込んでいる父を見て聞きたいことを口に出せずにいた。嫌な予感がする。何も相談してくれなかった理由は、きっと私が反対するような内容だったからなのだ、と思った。マギアの王に、アイヴァンにもう一度会えないだろうか。アニマの石について、アイヴァンの意味深な言葉の意味について知りたい。そういう思いに駈られ、ウンスは一人部屋を飛び出した。「ライラさん!」「ウンスさま、如何なさいました?」「アイヴァン様に、もう一, 近衛兵の新人だった。名前はシ、ユンという。上官に呼ばれてやってきた。「なんでしょうか」上官に向かい礼をする。そこにいたのはヨンとチュンソクだ。その隣には天女もいた。「椅子に座ってください」ウンスは癒しの手を持っている。ユンが椅子に座ると迷うことなく後ろに回って細い腕を肩に触れた瞬間腕を捻りあげられていた。ウンスは悲鳴を上げる。「きゃぁーいたい」「シ、ユン。やめぃ」声を上げたはチュンソクだった。「はっ。つい・・・すみません」ウンスをはなすと居住まいを正した。ウンスは腕をさすってい, ここの記事では小説の記事が増えてきてわかりにくくなってきましたので簡単にまとめさせていただきます。順番に増やしていきます。流れだけです。・・・・・・。信義二次についてここでは韓国ドラマの最終回のその後の話を勝手に想像して書いております。「信義二次再会」四年後にウンスがヨンの元にかえってきたところで兵舎の話。「信義二次帰還」ヨンとウンスが開京に帰るところの話。今はここのあたりの話を書いています。「信義二次許嫁」「信義二次新婚」・・・・・・。信義二次短編集はここだけのくくりとなりま, 第4章暴かれる真実⑤(あ〜あ…やってしまったかしら…)さすがのウンスも少々落ち込んでいた。あの王子に気に入られれば、王との謁見の後押しになるかもしれない、と計算がなかったわけではない。だけど、つい彼を擁護したくなってしまった。自分だって彼と出会う前は随分毛嫌いしていたというのに、そんな事はすっかり忘れ去っているから恋の力は恐ろしい。いつもより口数の少ないウンスに父は心配したが、具合が悪いのだとその日は早々にベッドに潜り込んだのだった。ところが次の日の朝、慌ただしい, 勢いで書いておりますので違和感を感じてもスルーして頂けると嬉しいです(汗)✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣✣シンイ小説②佳人(カジン)(4)「また医仙が王宮外に出ただと?」「・・・はい」はぁーと長いため息を吐きこめかみを抑えた。今日は軍会議が康安殿で行われる近衛隊迂達赤の兵士は大半が動けなくなるおそらくそれを見計らってだろう「・・・実際は俺から逃げる為だろうな」全く何故おとなしゅうしていられないのかあの方は・・・武女子がいるからと言って安心等出来る訳, 開京の外れで薬草園の管理をしているトギは育てた草花を乾燥させ丸薬用薬湯用食用茶用など用途に合わせて裁断調合し典医寺やマンボの薬房に卸して生計を立てているキ・チョル一派の暴挙で王宮内に嵐が吹き荒れ迂達赤だけでなく典医寺も多くの薬員や医員を失ったウンスも去り何よりチャン侍医を失った喪失感が大きくトギは鬱々とした日々を過ごしていた新たな薬員や医員が典医寺に入ってきたがトギの手話がわかる者は少なくまた悲劇の現場でそのまま働き続けるのは精神的に辛かったトギが典医寺, チェヨン。自室の扉を開けると思いもよらないことが起きた。「どういうことだ」俺はそこにいるウンスにつめよっていく。「今日からここでお世話になることにしました」「おい」「何も言わないで」どうして貴方は平気な顔でここにいられるんだ。「ウンス!正気なのか。ここは兵舎だぞ。男しかいない」「正気よ。そして私は本気。いつまでこの生活が続くのかわかんない」ウンスは髪の毛を乱し始めた。その手をつかんでやめさせる。「私はくたくたよ」眠れないのよと必死に現状を伝えてくる。俺の落ち度だ。「ここ.

荒野行動 マイク エコー 23, Youtube 月間再生数 Kun 15, 二階 建て 増築 4, 金庫 火事 お札 15, デロンギ マグニフィカs グラインダー 4, Lineworks Iphoneの基本通話 と 統合 38, Autocad 片 矢印 4, 光触媒 効果 ない 4, 親しい友達 ストーリー リポスト 6, ブルーレイ 画面 真っ暗 18, エスクァイア リアオートエアコン 後付け 5, メルスト 星4 進化 41, Youtube 全画面 暗くなる 4, American Depositary Receipts Tax Treatment 4, Asmr えのき 作り方 5, 陸上 メニュー 組み方 32, 数珠 100均 失礼 16, ライフアフター 開発エリア フレンド 18, ペアーズ いいね 乞食 10, ストウブ 一人暮らし レシピ 6, Sql Server 2019 日本語化 59, 補記 追記 違い 44, 福島県産 野菜 危険 5, フッ化水素 韓国 横流し 6, セザンヌ Uvシルクカバーパウダー ケース 互換性 5, 鍵 壊し方 自転車 7, フォートナイト スマホ コントローラー ボタン配置 4, Slack チャンネル メンバー 一覧 4, ホース シャワーヘッド 付け方 6, 世界 六大陸 面積 大きい順 5, Esxi No Network Adapters Hyper V 6,